1. TOP
  2. 赤ちゃんのボディスーツって何?ベビー服の基礎知識

赤ちゃんのボディスーツって何?ベビー服の基礎知識

2018/04/13 育児
この記事は約 5 分で読めます。

初めての妊娠。
母親になると、わからないことだらけで戸惑うことも多いはず。
身体の調子もすぐれなくて不安なことも、、、、

それでも妊娠中にこれから産まれてくる赤ちゃんの為にも準備を早めに終えて、
出産日には余裕をもって迎えてあげたいですよね。

準備といっても何を用意すればわかならい!
今回はそんな全ての親御さんが通るであろう、『ボディースーツ』についてご紹介します。

 

⒈そもそもボディースーツって何?

産まれてくる赤ちゃんに必ず用意するもの。
その一つは服でしょう。

ボディースーツと聞くとあの海に潜るダイバーが着てるもの!?

なんて、まあそんなわけはもちろんありませんが、、、

 

簡単に一言でまとめると
『肌着』のことです。

 

別の読み方で、「ボディースーツ」「ボディシャツ」や「ボディ肌着」など呼ばれています。
稀に目にする、グレコやプチバトーというのはブランド名です。

なのでボディ〇〇と呼ぶのがベターでしょう。

 

⒉赤ちゃんの服の種類

実はボディスーツは肌着の一種です。
ここで紹介する服の種類は、
一般的に「赤ちゃんの肌に直接触れる」とゆう意味での服、肌着をご紹介します。

 

⒈短肌着


どの季節を通しても着せられる定番の肌着です。
特徴として、浴衣みたいに前開きになっており、
羽織った内側と外側がそれぞれ紐もしくはスナップボタンでとめられる様になっています。
首の座っていない赤ちゃんを寝かせたまま服を着せることが可能です。

 

着用目安としては、
生後〜3ヶ月頃までです。

 

⒉長肌着


短肌着よりも長く作られていて、膝下まですっぽり隠せるため
秋から春先の寒く体温調整が難しいときに重宝します。

特徴としては短肌着と同様ですが、膝下まであってもオムツが替えやすいのが特徴です。

 

着用目安としては、
生後〜3ヶ月頃までです。

 

⒊コンビ肌着


生後3ヶ月頃を超えると次第に足のバタつきや、動くことが増えていきます。
そうした時に短肌着や長肌着ではめくれ上がってしまう為、コンビ肌着の登場です。

特徴としては、ズボンのように両足わかれており裾の部分がスナップボタンで留められるようになっています。
こうする事によって赤ちゃんが動きまわってもズレにくくなっています。

 

着用目安としては、
2ヶ月〜9ヶ月頃までです。

 

⒋ボディ肌着(ボディスーツ)


生後半年を過ぎると、ハイハイをしたりつかまり立ちをする様になります。
よく動き回るようになればボディ肌着(ボディスーツ)の出番です。

特徴としては、コンビ肌着よりも足元がスッキリしていて動きやすく作られています。
また、前開きではなく上から被る形の肌着になるのでお座りする様になってから着させるのがいいでしょう。

 

着用目安としては、
6ヶ月頃〜2才頃まででしょう。

 

⒊素材やサイズの選び方

ここでは購入する際に気をつけたいポイントをまとめました。

 

⒈素材を選ぶときの注意点

最初に購入する肌着の素材は「綿素材」のものを購入しましょう。

基本的には綿100%のものが売られていることがほとんどですが、
稀にポリエステルなど化学繊維でできた素材のものが売られています。

大きくなるにつれて着せるのは大丈夫ですが、
新生児の肌は特に敏感なので負担のかからない綿素材を必ず選ぶようにしましょう。

 

⒉サイズの選び方

赤ちゃんの衣類は大人の様に、S・M・Lのようなアルファベット表記ではなく
60・70・80のように数字表記であることがほとんどです。

それぞれの数字は身長目安となっているので、
60と表記がある場合は身長60cm前後となります。

購入するポイントは一度に大量購入してしまい思ったよりも小さかった!
なんてことがない様に一度試し買いしてみて合わせてみることをオススメします。
新生児は50cmほどですが、すぐに大きくなるので3〜4枚程度で大丈夫です。
また、ブランドによって多少の大小もあるのもポイントです。

 

⒋購入したらやっておきたいこと

新しい服を着るのは気持ちがいいものですが、
新生児用の衣類の場合は、注意が必要なものもあります。

稀に綿の素材のものを購入してもノリが表面に塗ってあるものがあります。
この場合は一度洗濯をして水通しをしておくと安心です。

 

ベビー用の衣類洗剤は忘れずに用意しましょうね。

 

⒌初めての衣類について

赤ちゃんはお母さんのお腹の中からこの世に誕生したときに、
まず大きな産声とともにおくるみに包まれて抱きかかえられます。

「衣食住」という言葉がありますが、「衣」という字がなぜ一番最初にくるのか。
それは、赤ちゃんが裸で産まれ、最初に産衣を着るからだそうです。

そんな思いも込めて準備をするとより楽しくできそうですね!

 

⒍まとめ

新生児のころは肌着+一枚おおう布(おくるみ)程度でちょうど良いくらいです。
また赤ちゃんの身体は大人よりも基礎体温が高いので、薄着に心掛けましょうね。

 

最後に、初めての経験は最初は誰もが戸惑うものです。
ましてや自分の子供となるとより慎重になってしまいますよね。

多くの知識は安心にもつながるので、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

平塚崇人

平塚崇人

より気軽にファッションを楽しみたい!
そんな思いを形にするために、わからない事は徹底的に調べ
楽しくまとめられるように執筆しています。

「服のある暮らし」を通じて楽しいフォッションライフを☆


監修: 亀田 晋一
クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナルとして、
京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営。

この人が書いた記事

  • 赤ちゃんのボディスーツって何?ベビー服の基礎知識

  • 年末の大掃除にやっておきたい洋服を片付けるコツを紹介!

  • ドライクリーニングを自宅でしたい!方法は?洗剤は?オススメを紹介

  • 初めてのクリーニング!出し方やポイントの解説