1. TOP
  2. カシミヤのお手入れってどうしたらいい?自宅での洗濯や日々のケア方法を解説

カシミヤのお手入れってどうしたらいい?自宅での洗濯や日々のケア方法を解説

2019/01/28 クリーニング
この記事は約 6 分で読めます。
カシミヤ

カシミヤの普段のお手入れってどうしたらいい?
自宅での洗濯って可能?

とお悩みではないですか?

カシミヤと言えば、冬に大活躍するニットやコートに使われている温かな高級生地として有名ですね。

せっかく買った高価なカシミヤ素材の服も、できるだけ綺麗な状態で長持ちさせたいところ。

でも、取り扱いが分からず、困っていることはないですか?

カシミヤも何もお手入れをしていないと、虫食いやシミが付いたりと、服が傷んでしまう原因にも。

そこで今回は、自宅でできるカシミヤのお手入れ方法について解説していきます。

 

カシミヤの特徴は?

カシミヤの素材の特徴
カシミヤの素材と聞いて、まず思い浮かぶのが高級素材ということだと思いますが、それ以外にも色んな特徴を持っています。

以下6つにまとめてみました。

・軽くそして柔らかい
・繊維自体が細い。
・吸湿性が高い。
・光沢感と独特の風合いがある。
・毛玉ができやすい。
・カシミヤの繊維自体がタンパク質なので、虫食いが発生しやすい

カシミヤは着心地がよく、それでいてデリケートな素材になります。

しかも、高級になるほど繊維が細くなり、毛玉ができやすくなるので、取扱には注意が必要になります。

 

カシミヤの日々やるべきお手入れ4つ

毛玉や虫食いを発生させない為にも、日々のお手入れが不可欠

ここで、長持ちさせる為に必要な、自宅で出来るお手入れを4つご紹介します。

 

お手入れ①着た後はブラシをかける

洋服にブラッシング
まずは着た後に付いたホコリや汚れを取るためにブラッシングをするということ。

使うなら、静電気が起こり難い馬毛のブラシがオススメ。

ブラッシングもあまり強くかけてしまうと、毛玉の原因になるので、繊維にそって、程よい力加減で行ってください。

 

お手入れ②1日着たら1日休ませる

毎日連続で着用すると型崩れや毛玉の原因になったりします。

1日着たら最低1日服を休ませるという風に、他の衣類とローテーションを組むようにしましょう。

 

お手入れ③毛玉は出来たらすぐに取る

毛玉

カシミヤは毛玉ができやすい素材ではありますが、毛玉ができたら放って置かずにすぐに取りましょう

取り方は、ハサミで切り取るなどして取り除いて下さい。
但し、生地自体を切ってしまっては意味がないので、ハサミの取扱には注意して下さいね。

 

お手入れ④シミが出来たらすぐに取る

保管時の虫食いを防止するためにも、シミが出来たら、すぐに取り除きましょう

シミの取り方は以下の通り。

・やわらかいタオルと中性洗剤を用意
・水で中性洗剤を薄めて、シミが付いた場所にかける
・タオルにシミを移し取るイメージで、たたく

こすってしまうと、余計にシミが生地に染み込んでしまうので、たたいて取り除いて下さい。

あとは、日陰で干してしっかり乾燥させましょう。

 

カシミヤの保管方法

タンスに保管

保管で気をつけなければいけないのが、虫食いです。
虫食いを防止する為に気をつけたいポイントは2つあります。

 

その①よく乾燥させる

まずはよく乾燥させてから保管することです。

吸湿性が高い素材なので、しっかり乾かしていないと服に水分が残っている状態となって、雑菌の繁殖する原因にも。

なので、保管の際には、日陰でしっかり乾かしましょう。

 

その②防虫剤と一緒に保管する

虫食いの予防にはやはり防虫剤です。
長く服を保管する場合は、服と一緒に防虫剤を入れておきましょう。

 

カシミヤの自宅での洗濯は可能?やり方を解説

カシミヤの自宅での洗濯

カシミヤも何回か着ている中で汗や皮脂汚れがどうしても付いてしまうものです。

そこで気になるのが、自宅で洗濯できるかということ。

手順とやり方を抑えておけば自宅での洗濯は可能です。

但し、カシミヤはデリケートな素材なので、クリーニングもですが、自宅での洗濯も頻繁に行ってしまうと風合いが落ちてしまいます。

できるだけ自宅での洗濯やクリーニングの頻度は最小限にしましょう

 

洗濯機を使う場合の注意点は?

まず洗濯機を使う場合ですが、以下にやり方の注意点をまとめてみました。

・事前に目立たない場所で濡れたタオルで色落ちしないかチェック
・他の洗濯と混ぜない。
・ネットに入れる
・ドライコースで行う
・洗剤は、ウールやカシミヤ用の洗剤を使う

特にカシミヤは毛玉ができやすいので、他の衣類と混ぜて洗濯してしまうと摩擦で毛玉ができてしまうので、混ぜないように洗濯して下さい。

 

手洗いの場合の注意点は?

手洗いをする場合ですが、押し洗いで汚れを落としますが、強くこすり合わせ過ぎないのがポイント

先程も書いたように、摩擦によって毛玉の原因になります。

あとは、洗濯機で洗う場合と同様に、色落ちしないかを事前にチェックして下さいね。

 

脱水のやり方

手洗いの場合も、洗濯機を使って脱水を行いましょう

脱水時間が長いと生地を傷める原因になるので、時間は1分程を目安に行って下さい。

 

干し方

最後は干し方です。

脱水後はできるだけ早く、日陰の風通しが良い場所でしっかり乾燥させて下さい

日向だと、日光の光に長時間さらすと、生地が傷んでしまうので日陰で行いましょう。

 

大事なカシミヤに付いてしまったシミや汚れが取れない・・・そんな時はクリーニングへ

付いてしまったシミや汚れも、自宅でのお手入れで取り除くことができることを解説しましたが、どうしても汚れが取れない場合は、クリーニングという方法もあります。

洗濯やクリーニングは風合いを損なわない為にも、最小限にしましょうとお話しましたが、汚れが付いたままではシミになったり、虫食いの原因になってしまいます。

シミや虫食いを避ける為にも、クリーニングというプロにお願いするのも衣類を長持ちさせる方法です。

 

まとめ

以上となります。

カシミヤは、冬に着るニットやコートに使われる高級素材として長く愛されている素材ですが、デリケートな素材が故に、自宅でのお手入れもなかなか敬遠されがちです。

しかし、長く愛用する為には、ここで紹介した日々のお手入れがとても大事になってきます。

是非今回紹介したお手入れを実践することで、カシミヤ素材の衣類も長く綺麗に愛用していただければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

カシミヤ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

西岡 学美

西岡 学美

はじめまして。
女性としていつまでもオシャレに、そして大切に服を着ていたい!
そんな思いで日々ファッションを研究しています。
日々の生活の中で、少しでも役に立ち、かつ誰にでも分かりやすい、さまざまな情報をお伝えできればと思っております。

監修: 亀田 晋一
クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナルとして、
京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営。

この人が書いた記事

  • カシミヤ

    カシミヤのお手入れってどうしたらいい?自宅での洗濯や日々のケア方法を解説

  • 飲食店で付いた服のイヤな臭いどうしたらいい?自宅やオフィスでできる臭いを消す方法をご紹介!

    飲食店で付いた服のイヤな臭いどうしたらいい?自宅やオフィスでできる臭いを消す方法をご紹介!

  • 冬の辛い肩こり改善

    寒くて肩がガチガチ・・・辛い冬の肩こりを解消できる5つの方法

  • トートバッグのお手入れ

    トートバッグの見た目で印象が変わる!自宅で出来る洗い方や普段から出来るお手入れ方法を解説

関連記事

  • ドライクリーニングを自宅でしたい!方法は?洗剤は?オススメを紹介

  • タオルがごわごわして臭う!?キレイにふんわり仕上げる正しい洗濯方法

  • 簡単お手入れ!絨毯・カーペットの掃除・洗濯方法を伝授!!

  • キレイにしたい!毎日着る学生服の正しいお手入れ方法について徹底解説

  • 知っていますか?スーツのクリーニング代の相場について

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法