1. TOP
  2. クリーニングへ行く前に家庭でできる染み抜き処理方法

クリーニングへ行く前に家庭でできる染み抜き処理方法

2017/09/03 クリーニング
この記事は約 8 分で読めます。

日頃の日常生活において、服にシミが付いてしまうことは誰にでもあることですね。

うっかりコーヒーをこぼしてしまうこともあれば、パスタのミートソースやカレーうどんの汁が跳ね、服についてしまっていた・・・

そんな時に毎回クリーニングを利用するのは勿体ないですし、経済的ではありません。

そこで、今回は、家庭でできる染み抜き処理方法を紹介します。

 

家庭で染み抜きをする場合の心構え

まずは心構えとして、次を覚えておく必要があります。

家庭で染み抜きをする場合、次の4点を意識して行うようにしましょう。

こちらが基本的な心得となります。

 

1. 素早く対応する

シミは、ついてから時間が経てば経つほど黄ばみ(変色)が出てきて、取れにくくなります。

そうなりますと、漂白処理が必要になりますので、シミがついたことに気づいたら、できるだけ早く処置することが大切になります。

 

2. 擦らない

シミがついてしまった場合、慌ててゴシゴシと擦ってしまいがちですが、絶対にやめましょう。

擦ることによって、衣類の繊維にスレなどが発生してしまいます。

また、シミを広げたり、シミを擦り込むことにもなります。

こうなってしまうと、プロのクリーニング店にお願いする場合でも値段が高くなったり、修復することはできなくなったりしますので、注意が必要です。

自分で染み抜きをする時の三大原則は「広げない、他の部位に移さない、繊維を傷めない」です。

 

3. 染み抜き処理をする前にまずテストをする

染み抜き処理を行う前に、まず必ず目立たない所でテストを行うようにしてください。

染み抜き処理により、衣類に色落ちや色ハゲ、スレなどが発生する可能性があるため、まずテストで確認することをオススメします。

 

4. 落ちにくい汚れは複数回実施する

ものによっては何度も染み抜きをする必要がある頑固な汚れもあります。
生地を傷めないことを念頭に置きつつ、何度も繰り返すことも時に大切です。

 

シミには7つの種類があるので、それぞれで処理方法を変える。

シミには、いろいろな種類があり、一般的に言われる「水溶性のシミ」「油溶性のシミ」「不溶性のシミ」の3つに加えて、「樹脂のシミ」「色素のシミ」「タンパクのシミ」「漂白が必要なシミ」の7つに分類されます。

それぞれのシミの種類で、対処方法も変わってきますので、できてしまったシミがどのタイプのシミなのかを検討した上で、対処されることをオススメします。

それではシミの種類ごとにどんな特徴があって、どうすれば落としやすいのかということを紹介していきます。

シミによって対応は異なるのです。

綺麗にシミを落とすうえでここを間違えないことは大切です。間違えると、シミが逆にこびりついてしまったり、繊維を傷めたりといったことにつながってしまいます。

具体的な飲食物等の例がありますので、シミがついてしまった時は、まずはその種類を見極めましょう。

 

①【水溶性のシミ】しょうゆ、コーヒー、ジュース、酒類の場合

水溶性のシミは、ついてすぐなら水だけで落ちます。

シミを軽く湿らせ、乾いたハンカチやティッシュで移しとります。

シミが移らなくなるまで繰り返します。

落ちにくい場合は、ハンドソープや石けんを少量なじませるととりやすくなります。

 

②【油溶性のシミ】チョコレート、ドレッシング、口紅、油の場合、

性のシミは、ついた直後は、ティッシュか乾いたハンカチで、押さえるように油分を吸い取ります。

この時、シミを広げないように取るのがポイントです。

その後、ティッシュかハンカチをぬらし、ハンドソープや石けんを少量つけてシミになじませ、シミの裏側に乾いたハンカチを当て、水を含ませたティッシュペーパーなどで押さえます。

最後に、乾いたティッシュかハンカチで、水分をとります。

石けん分が残らなくなるまで、何回か繰り返すと良いでしょう。

家に帰ったらシミの部分に、台所の食器洗い用の中性洗剤を浸けて、使い古しの歯ブラシで軽くたたいて、洗濯機で洗うと良いでしょう。

 

③【不溶性のシミ】墨汁・泥・サビ・ゲルインキのボールペンの場合

不溶性とは、油にも水にも溶けないものなので、

不溶性のシミは、落ちにくいタイプの汚れだと言えます。

手もみや歯ブラシを使うなど物理的方法もありますが、大切な衣類の繊維を痛めたりすることにもなりかねないので、クリーニング店に相談しましょう。

ご家庭では落とすのは難しいので、プロに任せることがオススメです。

 

④【樹脂のシミ】絵の具、ペンキ、接着剤の場合

これらの樹脂のシミは、「油性のシミ」に分類されますが、特に頑固なシミとなるため、ついてすぐであれば、油性のシミと同様の方法で家庭でも落とせますが、完全に乾いて固まってしまうと落とすことが難しくなります。

その場合、早めにクリーニング店に依頼することをオススメします。

また、このような絵の具やペンキ、接着剤を頻繁に使いような場合、あらかじめ汚れても良い衣装を着て行うことが良いでしょう!

なかなか落とすことが難しい汚れですので、あらかじめ対策をとっておくことをオススメします。

 

⑤【色素のシミ赤ワイン、果物、マーカー、インクなどの場合

色の濃い食品やインクなどに含まれた色素でできるシミなので、色素のシミと言います。

文字通り、色が繊維に付着してしまっている状態を言うので、簡単に落ちそうに見えますが、一般的には家庭では落とすことが難しいと言われているシミです。

液体酵素系漂白剤を歯ブラシに少量つけて、シミの部分を軽く叩きながら、優しくなじませ、シミが落ちたら、洗濯します。

この方法で落ちない場合、また確実に綺麗にしたい場合は、クリーニング店に依頼すると良いでしょう。

 

⑥【タンパクのシミ】血液、汗、肉類、玉子、牛乳などの場合

タンパクのシミは、カビの原因になるだけでなく、時間の経過や熱を加えることによって不溶性のシミとなり、落とすのは困難になります。

中性洗剤を水で薄め、それをシミ部分につけます。

そしてそこを綿棒等で軽くたたいて、シミを吸い出し、その後、少し揉んだ後に、水洗いを行います。

タンパクのシミ(例えば血液)は、温度が上がることで、固まってしまうので、お湯を使わないようにしましょう。

シミがついてから日数が経ったものを無理して取ろうとすると、繊維を痛めてしまう可能性がありますので、無理せずクリーニング店に相談しましょう。

 

⑦【漂白が必要なシミ】古いシミ、黄ばみ・色移りしたシミなどの場合

性のシミや油性のシミが酸化して出来るシミのことで、処理を必要とするシミをいい、古いシミや黄ばみ・色移りしたシミのことを言います。

シミの中でも非常に頑固な部類となりますので、無理せず、クリーニング店に依頼するようにしましょう。

 

以上が、大きく7つに分類したシミの種類と処理方法でした。

シミ抜きには、それぞれの分類にあったシミ抜きの方法があり、判断を間違うと取れないどころか、シミが広がってしまったり、繊維を痛めたりしてしまうので、正しい処理方法で染み抜きをおこなうことが大切です。

また、一つのシミには数多くのシミの性質が混ざり合ってることがほとんどです。

例えばカレーのシミの場合、カレーには、水分もあれば、お肉を使った肉汁、またカレー粉などのターメリックなど入り混じっているので、「水性のシミ」「油性のシミ」「色素のシミ」など、様々な種類のシミになりえます。

つまり、どんなシミでも1つのシミの性質とは断言できないわけです。

上の7つのシミの分類は、家庭でシミ抜きをする場合、ある程度の目安となりますので、参考としてご活用ください。

 

ご家庭で洗えない衣類は・・・・・・

基本的にご家庭で洗えない衣類は、染み抜きを行なわないほうが無難です。

理由は、染み抜き処理を行なうと水を使いますので、輪ジミが発生しやすくなるからです。

衣類の素材や染色状況により脱色などが発生する場合もありますので、ご家庭で洗えない衣類は、クリーニングにお持ちください。

 

まとめ

シミの種類に応じたご家庭でできる染み抜きの方法をまとめました。

「あっ、シミがついてしまった!」なんてことがありましたら、ご家庭でできる方法を試してみてください。

とはいえ、やはり一番は、無理をしないことが大切です。

家庭でできることにも限界があります。

お金の節約のためと無理に家庭で染み抜きをして、洋服を傷めてしまうことになりかねません。

プロのクリーニング店は繊維に合わせた染み抜きの溶剤をいくつも持っており、染み抜き用の特殊な器具(速乾させるような道具など)もあります。

「薬剤」「施設」「経験」「技術」全てにおいて、やはり家庭でシミ抜きが出来ると言ってもプロにはかないません!

ですから、大切な衣類、和服、毛皮、高級衣類などの場合や、またご家庭での染み抜きが難しいと思われた場合、

決して無理をしないで、クリーニング店に依頼するようにしましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

亀田 晋一

亀田 晋一

クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナル

京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営しています。

クリーニングや洗濯でのお困りごとに関して、
いろんなご相談をいただきます。

他のクリーニング店で対処できなかった染み抜きなども依頼され、
様々なトラブルのご相談もいただきます。

そんな中で、もっと衣服のことに関してお伝えして、
みなさんが快適な生活を過ごしたり、
クリーニング店を上手に活用していただけたらと思っています。

この人が書いた記事

  • 5分でわかる!ドライクリーニングとは?

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法

  • 実は簡単!ダウンジャケットを自宅で手洗いする洗い方

  • 敷き布団はクリーニングに「いつ」「どこへ」出すべき?

関連記事

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法

  • 着物

    【着物のお手入れ】染み抜き・洗い張り・仕立て直しの気になる料金相場とは?

  • 簡単お手入れ!絨毯・カーペットの掃除・洗濯方法を伝授!!

  • リュックは自宅でお手入れ可能?リュックの洗濯・クリーニングについて

  • ラグのクリーニングを自宅で行う方法と注意点

  • ダウンジャケットやコートは、洗濯機を使って自宅洗濯可能?その方法とは?