1. TOP
  2. ワイシャツをクリーニング店に持っていくメリット・デメリット

ワイシャツをクリーニング店に持っていくメリット・デメリット

2017/09/05 クリーニング
この記事は約 5 分で読めます。

会社員の方であれば、ほぼ毎日着るワイシャツ。

皆さんは、自宅で洗いますか?それともクリーニング店に持っていきますか?

自宅で洗うのは、アイロンもあり、めんどくさい・・・首回りの汚れもなかなかとれない・・・

でもクリーニング店に持っていくと、お金がかかる・・・

 

どちらを選ぶか迷われる方のために、ワイシャツをクリーニング店に持っていくメリット・デメリットをまとめてみました。

 

ワイシャツをクリーニング店に持っていくデメリット

まずは、デメリットからまとめてみました。

 

クリーニング代がかかる

何と言っても一番気になる点は、お金がかかるという部分でしょう。

ワイシャツは、一部の高級シャツを除いてほとんどのものが水洗いできますので、家庭で洗濯できます。

ワイシャツクリーニングの相場は地域によって違いますが、1点100円~300円といったところでしょう。

 

ワイシャツは、多くの方にとってほぼ毎日着る物ですから、
月に20回ワイシャツを着て、1点150円とした場合、毎月3,000円の出費がかかってしまいます。

クリーニング代がかかるという部分は、
以前に比べるとかなりお値打ちにはなりましたが、まだまだ多くの方にとって一番気になる点のようです。

 

生地が痛みやすい・・・?

クリーニング店では、汚れをしっかり落としたり、除菌、抗菌のため、高温・高圧で行われます。そのため、ワイシャツの生地は家庭での洗濯に比べて傷みやすくなります。

長く着るという観点から見ると、1週間に何度も同じものを着ることがないように、5枚以上持っていることが理想的です。

 

ワイシャツをクリーニング店に持っていくメリット

では、反対にメリットとしては、どんなことがあるのでしょうか?

 

クリーニング後の「白さ」が違う

ワイシャツの汚れで一番気になるのは、やはり衿や袖でしょう。

これは、汗や皮脂汚れです。

これらの汚れは、普通に洗濯しただけでは、なかなか落ちません。

人の体温は36℃前後なので、汗や皮脂は40℃ぐらいの環境で衣類に付着します。

つまり、その温度以上で洗わないと汚れが溶け出さないのです。

繰り返し洗っているにも関わらず、下着や肌着が黄ばんでしまうのもそのためです。

クリーニング店では、冷水ではなく、お湯で洗っています。

温度を上げたほうが汚れ落ちがよく、漂白剤の効果も高まります。

また、衿や袖の汚れが目立つ場合、汚れ落ちをよくするための前処理を行い、しっかり汚れを落とすための工夫をしているので、クリーニング後の「白さ」が家庭での洗濯に比べて全く違います。

 

白さだけでなく、除菌・抗菌・防臭処理

洗い終えた後、高温のプレス機で、しわをすっきりと伸ばします。

これにより、しわが伸びるだけでなく、殺菌効果があります。

クリーニング店によっては、抗菌・防臭処理を行うお店もありますので、着用中の菌の繁殖を防いだり、汗などのいやな臭いを抑制する効果もあります。

 

アイロンの手間が省ける

クリーニング店では上記のように、プレス機によりしわしっかり伸ばし、多くのお店では、その後、最終的にアイロンで手直しをしながらきれいに仕上げてくれるため、型くずれが少なく、着心地も大変良いです。

「アイロンの手間が省ける」というのは、多くの独身男性や主婦の方に喜ばれており、そのためにクリーニング店にお願いをする方も多いようです。

 

水洗いやアイロンができない場合でも対応できる。

ワイシャツの生地によっては、稀ではありますが水洗いができない場合があります。

必ず、洗濯前に、取り扱い絵表示を確認し、水洗いが可能かどうか、アイロンがけができるかどうかを確認ください。

その場合でも、技術のあるクリーニング店では、その衣類の特徴を見て、適切なクリーニングをしてもらえる可能性がありますので、相談されることが良いでしょう。

 

まとめ:結局どちらがいいの?

ワイシャツをクリーニング点に持っていくデメリットとメリットはわかりました。

それで結局どちらがいいの?というところです。

理想としては、
ワイシャツを1週間同じものをきることがないよう5枚以上持っており、毎回クリーニングに持っていくことが理想です。

長く付着した汚れは、時間がたつと取れなくなる場合もありますし、丁寧な仕上げによりワイシャツの着心地も違うと気分も変わります。

ですが、「できるだけお金をかけたくない」という方には、数ヶ月に1回や、シーズン終わりなど、ワイシャツを長期保管する前は必ずクリーニングに出すことをおすすめします。

クリーニング店に出すと殺菌効果や抗菌・防臭処理があり、また圧力をかけてきれいに仕上げてくれるので型くずれしにくくなり、次回着用の時も良い状態のワイシャツを着ることができますので。

最終的には、上記のメリット・デメリットを理解された上で、
より長く、より楽に、より気持ちよくワイシャツを着ていただけるように洗濯方法を選ばれてください。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

亀田 晋一

亀田 晋一

クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナル

京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営しています。

クリーニングや洗濯でのお困りごとに関して、
いろんなご相談をいただきます。

他のクリーニング店で対処できなかった染み抜きなども依頼され、
様々なトラブルのご相談もいただきます。

そんな中で、もっと衣服のことに関してお伝えして、
みなさんが快適な生活を過ごしたり、
クリーニング店を上手に活用していただけたらと思っています。

この人が書いた記事

  • 5分でわかる!ドライクリーニングとは?

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法

  • 実は簡単!ダウンジャケットを自宅で手洗いする洗い方

  • 敷き布団はクリーニングに「いつ」「どこへ」出すべき?

関連記事

  • 初めてのクリーニング!出し方やポイントの解説

  • 知っていますか?スーツのクリーニング代の相場について

  • 5分でわかる!ドライクリーニングとは?

  • ドライクリーニングを自宅でしたい!方法は?洗剤は?オススメを紹介

  • 簡単お手入れ!絨毯・カーペットの掃除・洗濯方法を伝授!!

  • 正しくお手入れできていますか?毛玉を取る方法について