1. TOP
  2. その原因服にある?なんとかしたい冬の静電気

その原因服にある?なんとかしたい冬の静電気

2018/12/02 クリーニング
この記事は約 5 分で読めます。

すっかり外も寒くなり薄手のコートじゃ物足りない季節になりました。
寒くなると自然と普段着る服の量も多くなりますが、
そんな時に同時にでてくる問題が、、、

「バチッ!」「痛っ!!」

そう静電気です。

今回は冬場のあるある、静電気について服との関係をみていきましょう。

 

⒈静電気ってなんでおきるの?

そもそもなぜ冬場に限って静電気はおきるのでしょうか。
静電気の正体について探っていきましょう。

 

⒈1静電気がおきる原因は?


全てのモノには独自でプラスとマイナスの電気を同じ数だけ持って存在しているといわれていて、静電気はその、モノとモノが擦れあったりすることによりプラスとマイナスの電気の数が行ったり来たりします。
この現象を帯電とよび、モノに触れることによってその電気たちが一気に移動します。

この時に「バチっ」っとなるのが静電気です。

 

 

⒉静電気が起きやすい3つの条件

静電気は一定の条件でおきますが、
ここでは大きく3つの条件を紹介していきます。

 

⒉1温度と湿度

まず、1番の理由としてあげられるのが、温度と湿度です。
主に温度は「25度以下」、湿度は「20%以下」の環境が起きやすいと言われていますが、空気が乾燥し電気が物質にたまりやすくなることがその原因ですね。
確かに真夏のじめっとした季節に静電気がおきるイメージはありませんね!

 

⒉2身体の乾燥

空気中の乾燥だけでなく、人の身体自体が乾燥していると肌の一番外側にある表皮の部分の水分保有量が少なくなり静電気が起きやすくなります。
静電気が起きやすい人は普段から保湿クリームを塗ることも大事かもしれません。

 

⒉3衣類の素材

自然現象だけでなく、普段何気なく選んで着ている服の素材にも静電気がおきやすくなる原因があります。
服の繊維には、素材それぞれに電気を帯電しています。
その帯電している電気がプラス電気が多いかマイナス電気が多いかによって発生し、対角になればなるほど発生しやすくなるというメカニズムです。

こちらのイラストをご覧ください。↓

イラストからみると主な素材には、
毛皮
ウール
ナイロン

などは、プラスの電気と帯電しているので

反対の素材になる
ポリエステル
アクリル

などと着合わせをすると静電気を発生しやすくします。

 

例えば、、、
アクリル素材のニットに毛皮のコートは静電気がおきやすいですね。
考えただけでバチバチしますね!

 

 

⒊静電気を防ぐ方法

ここまでは静電気がどのような条件で発生するかをご紹介しましたが、
その静電気を予防する方法をみていきましょう。

 

⒊1湿度と温度を上げる

根本的に自然の温度は調整できませんが、室内なら可能でしょう。
室内にいるときは、暖房器具で部屋を暖めて加湿器をつければ静電気を抑えることもできますし、冬の乾燥した時期の風邪予防にもなりますね。

 

⒊2着合わせを考える

3つの条件で紹介した通り、服の素材をプラス同士やマイナス同士で揃えて着るなど、着合わせを変えることにより静電気予防に直結します。
また小ワザとして靴は電気を通さないゴムやプラスチックの素材でなく、電気を逃す性質を持つ革製のものにしてみたり、小物として革のベルトやアクセサリーもオススメです。

 

⒊3市販の静電気予防グッツ

服の素材に縛られてコーディネイトしていたら好きな服が着れないじゃない!という方には、市販の静電気防止スプレーがおすすめ。
例えばポリエステルのスカートにナイロンのタイツを履きたい時は、シューっと一拭きかければ一時的に静電気を抑えることができます。
ドアノブでの恐怖はキーホルダータイプの予防グッツなんかもありますよ。

 

⒋家庭の洗濯でできる予防法

自宅でできる予防の一つとして洗濯で予防する、ということもあげられます。
いつもの洗濯にプラスして柔軟剤や予防洗剤を入れるということです。
柔軟剤には一般的に界面活性剤という成分が入っており、この成分分子が服の繊維に絡みつき摩擦を予防し、静電気の発生を予防する効果があります。

ただ一つ注意点として、界面活性剤は人によっては皮膚にダメージを与える可能性はあるので、使用するときは肌着などには注意が必要です。

 

 

⒌まとめ

今回は静電気についてまとめてみました。
普段は、この服を着るとなぜかよく静電気がおきるなー!と思っていたことが
服の素材の着合わせによるものが原因だったりと発見があったかもしれませんね。
クリーニング店によっては静電気予防の加工もオプションで選べたりするので、
服を綺麗にするとともに一度相談してみるといいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

平塚崇人

平塚崇人

より気軽にファッションを楽しみたい!
そんな思いを形にするために、わからない事は徹底的に調べ
楽しくまとめられるように執筆しています。

「服のある暮らし」を通じて楽しいフォッションライフを☆


監修: 亀田 晋一
クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナルとして、
京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営。

この人が書いた記事

  • その原因服にある?なんとかしたい冬の静電気

  • 服にビールをこぼしてしまった!そんな時のクリーニング方法

  • 突然の訃報!喪服のクリーニングは大丈夫?知っておきたい喪服の知識

  • 赤ちゃんのボディスーツって何?ベビー服の基礎知識

関連記事

  • 自宅でできる帽子の洗い方とケア方法を解説

  • 突然の訃報!喪服のクリーニングは大丈夫?知っておきたい喪服の知識

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法

  • 初めてのクリーニング!出し方やポイントの解説

  • 簡単お手入れ!絨毯・カーペットの掃除・洗濯方法を伝授!!

  • 服にビールをこぼしてしまった!そんな時のクリーニング方法