1. TOP
  2. タオルがごわごわして臭う!?キレイにふんわり仕上げる正しい洗濯方法

タオルがごわごわして臭う!?キレイにふんわり仕上げる正しい洗濯方法

2018/10/19 クリーニング
この記事は約 5 分で読めます。

毎日使うタオルが何だかゴワゴワしちゃった!?
タオルから生乾きっぽい臭いがしてる・・・

というあなたのお悩みに答える記事になります。

最初は、ふんわりと良い香りがしていたタオルも、次第にゴワゴワしたり、嫌な臭いが付いてしまったりすることはありますよね。

毎日使うけど、何となくお手入れもしっかり出来ていないかも・・・
と思われることはないですか?

実は、私もタオルの生乾き臭や、ゴワゴワしたタオルの使い心地に諦めていました。

でも、少しの洗濯の工夫により、タオルの臭いも除去したり、ふんわりしたタオルにすることは可能なんです!

そこで、今回は、ふわふわにして臭いが付かない洗濯方法について説明していきますね!

 

タオルがごわごわして臭いが付いてしまう4つのNG行為

タオルがごわごわになったり、臭いがついてしまうのにも4つのNGとなる行為があります。

あなたも自分に当てはまるものがないか確認しながら是非チェックしてみて下さい。

 

NGその①濡れたまま放置。数日後に洗濯する

体を拭いたタオルをそのままかごに入れて放置していることはないですか?

洗った体を拭くからキレイと思いがちですが、落としきれなかった汚れが付着していることもあり、さらに湿ったまま放置すると、雑菌が繁殖し、臭いの原因になってしまいます。

 

NGその②柔軟剤をよく使っている

柔軟剤は、洗濯やタオルをふわふわにしてくれると思われがちですが、実はふわふわにする効果はありません。

タオルは一般的に、パイルという、ループ状の繊維が集まったものになります。

柔軟剤は、繊維の表面を滑らかにするものなので、パイルの繊維自体を柔らかくする手助けにはなりません。

逆に、パイルが抜けやすくなったり、水を吸いにくくなったりすることもあります。

使い方としては、いつもの洗濯時に最初から柔軟剤を入れるのではなく、3回目のすすぎ時に投入するのがベストです。

なぜ3回目のすすぎ時に入れるかというと、まずは洗剤をキレイにすすぐ必要があるからです。

洗剤のすすぎが悪いと、柔軟剤の効果も半減してしまいます。

 

NGその③日向でしっかり乾かす

しっかり乾かさないと!と思って、日向に必要以上に干すのも実はNGになります。

長時間、それも天日干ししてしまうと、乾燥し過ぎて手触りが固くなってしまいます。

 

NGその④洗濯機にぎゅうぎゅうに詰め込んでいる

洗濯機にぎゅうぎゅうに詰め込んで洗濯するのも、生地を固くしてしまい、さらには汚れ落ちも悪くなってしまいます。

洗濯が沢山あると洗濯機がぎゅうぎゅうになってしまうかもしれませんが、こまめに洗濯し、衣類への負担を減らすようにする必要があります。

ここまで、タオルがごわごわになって、臭いが付いてしまう原因をお伝えしましたが、どうやれば、ふんわりとしたキレイなタオルに洗い上げることができるのかを次に説明していきますね!

 

タオルをふわふわにする洗い方4ステップ

気になるタオルをふわふわにする洗い方ですが、4つのステップで実現できます!
それでは、順に説明していきますね〜

 

事前準備:臭いが付いている場合は、事前に酸素系漂白剤でつけおき

まず臭いが付いている場合ですが、事前に酸素系漂白剤につけておき、臭いを除去できるように下準備をします。

液体、粉状両方の種類はありますが、扱いやすい液体タイプがおすすめとなります。
液体タイプを使う場合、40℃ぐらいのお湯にいつも使っている洗剤と液体の漂白剤を少量入れて、最低でも20分置いておくことで、臭いを除去することが可能です。

 

ステップ1:洗濯ネットを使用する

次に、洗濯ネットにタオルを入れます。

先程も説明したようにタオルはパイル地というループ状の糸がたくさん織り込まれたもので出来ています。

他の洗濯物とタオルがぶつからないようにネットに入れることで、よりふんわりとした仕上がりになります。

 

ステップ2:タオルを洗濯機に入れる。洗濯物の量は7分目を目安に

タオルを洗濯機に入れて洗濯していきます。

ここでポイントが、洗濯物の量を7分目ぐらいを目安に入れることです。
あまりにぎゅうぎゅうに入れると汚れ落ちが悪くなるので注意して下さい。

 

ステップ3:洗剤を適量入れる

次に洗剤を入れていきます。

よく洗えるように洗剤を多めに入れているという方も、逆に洗剤が残ってしまい、臭いやタオルのごわつきの原因になってしまうので、適正量にしましょう。

 

ステップ4:できるだけ素早く干す

最後は、洗ったタオルを干していきます。
ここで、洗濯ができたら素早く干して、できるだけ湿気にさらさないことですね。

脱水が終わったら、すぐに取り出し、タオルをバサバサと振りさばくことで、タオルにあるパイルが立ち上がるので、ふんわりとしたタオルに仕上げることができます。

 

タオルがうまく洗濯できない時は?

パイル地以外の素材のタオルで、洗い方が分からなかったり、しっかり洗濯してもなんだかキレイに出来ない・・・
という場合もあるかと思います。

そんなお悩みの時には、是非クリーニング店に相談しましょう。

クリーニング店ではあらゆる衣類を扱うプロになるので、タオルの洗濯に関するあなたのお悩みの相談にものって頂けるはずです。

是非お悩みの際には利用することをおすすめします。

 

まとめ

以上となります。

タオルはみなさん必ず毎日使いますよね?

顔を洗った時
手を洗った時
お風呂に入った時

毎日の生活に欠かさないものだからこそ、普段の洗い方に一工夫を加えることで、ふんわりきれいなタオルにすることが可能です。

是非この記事を参考にして、タオルも長く愛用して頂ければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

西岡 学美

西岡 学美

はじめまして。
女性としていつまでもオシャレに、そして大切に服を着ていたい!
そんな思いで日々ファッションを研究しています。
日々の生活の中で、少しでも役に立ち、かつ誰にでも分かりやすい、さまざまな情報をお伝えできればと思っております。

監修: 亀田 晋一
クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナルとして、
京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営。

この人が書いた記事

  • タオルがごわごわして臭う!?キレイにふんわり仕上げる正しい洗濯方法

  • 自宅でできる帽子の洗い方とケア方法を解説

  • 知っていますか?秋に出てくる疲れ「秋バテ」の原因と対策について

  • 意外と出来てない!?枕の正しいケア方法について

関連記事

  • 簡単お手入れ!絨毯・カーペットの掃除・洗濯方法を伝授!!

  • 夏を涼しく過ごしたい方必見!涼しく過ごせる素材6選とお手入れの仕方

  • 着物

    【着物のお手入れ】染み抜き・洗い張り・仕立て直しの気になる料金相場とは?

  • 付いてしまった生乾きの臭いはどうしたらいい?臭い対策と予防のテクニックをご紹介!

  • 実は簡単!ダウンジャケットを自宅で手洗いする洗い方

  • リュックは自宅でお手入れ可能?リュックの洗濯・クリーニングについて