1. TOP
  2. キレイにしたい!毎日着る学生服の正しいお手入れ方法について徹底解説

キレイにしたい!毎日着る学生服の正しいお手入れ方法について徹底解説

2018/11/18 クリーニング
この記事は約 5 分で読めます。

学生服って洗えるか分からない・・・
日々のケアってどうしたらいいの?

と困っていませんか?

子供が毎日着る学生服は日々の生活で汚れが付きやすく、意外と学生服のお手入れってどうしたらいいんだろう?
となかなかできていない人も多くいます。

毎日着るものだし、キレイな状態で着せてあげたいと思う半面、洗ってしまったら型崩れしてしまいそう・・・と躊躇してしまいがち。

実は学生服も自宅で洗濯したりお手入れすることが可能です。

今回は、学生服の自宅での洗濯方法や、日々できるお手入れについて、分かりやすく解説していきますね。

 

長持ちさせるための日々のお手入れ方法をご紹介

制服を長持ちさせる為に、色んなシーンで使える日々のお手入れを紹介していきます。

毎日のお手入れは?

毎日のお手入れ

付いた汚れやホコリを落とすために、軽くブラッシングを行いましょう。

この時に厚みのあるハンガーにかけて行うと、安定感もあり、ブラッシングがしやすくなります。

 

雨に濡れた日のお手入れは?

雨の日の手入れ

出来るだけ早く乾かすことがポイントです。

濡れたまま長時間置いておくと、雑菌が繁殖してしまい、嫌な臭いの原因になります。

部屋干ししておく場合でも、できるだけ風通しが良い場所で乾かしましょう。

 

自宅での正しい洗濯方法を4ステップで紹介!

学生服の洗濯方法を順に解説していきます。

 

ステップ1:事前に洗えるかどうかを確認

服のタグ

まずは洗える素材であるかを確認する必要があります。

以下のマークがある場合は、自宅で洗濯することができないので、必ずタグを確認して洗えるかのチェックは行いましょう。

洗濯不可

一般的には、中学生服の場合は、ウール50%、ポリエステル50%となっていて、高校の制服の場合は、ウール100%となっている場合が多いです。

ウール50%、ポリエステル50%の場合は、洗濯機での洗濯が可能となっておりますが、ウール100%の場合は、自宅での洗濯はできません。

ウール100%の場合は、クリーニングに出すことをおすすめします。

 

ステップ2:出来る範囲で汚れは取って洗濯機に入れる準備

洗濯機

洗えることが確認できれば、ポケットに何も入っていないことを確認し、ファスナーはすべて閉めて、ブラッシングして汚れは落としておきます。

もし食べこぼしや、皮脂汚れなどが気になる場合は、事前に取っておきます。

おすすめの汚れの取り方ですが、家庭用の食器洗剤を使って軽くこすり洗いを行いましょう。

家庭用の食器洗剤は、弱アルカリ性から中性の洗剤になるので、衣類に安心して使用することができます。

取れる範囲で汚れが取れた後は、型崩れしないようにネットに入れましょう。

 

ステップ3:洗濯する

実際に洗濯を行っていきます。
型崩れをしないように、選ぶコースはドライコースがベストですね。

 

ステップ4:日陰の風通しが良い場所で干す

制服を干す

洗濯ができれば、続いて日陰の風通しが良い場所で干します。

ここで干し方のポイントですが、洗った後に放置してしまうと、シワの原因になってしまうので、素早く干すことですね。

上着の場合は、両肩を持ち、パンパンとはたいてから干すようにするとシワが付きにくくなります。

あとは、厚みのあるハンガーを使って、しっかり形を整えてから干しましょう。

 

手洗いする場合はどうしたらいい?

洗濯表示が以下のようなマークの場合、洗濯機が使えないので手洗いになります。

手洗い時の洗濯手順は以下のように行いましょう。

洗濯表示

1.水を入れれる桶かバケツを用意して、たっぷりの水を入れます。
2.汚れが外側になるように学生服を折りたたみ、水が入った容器に付けます。
3.学生服を両手で優しく押し洗いします。
ポイントは型くずれしないように力を加えすぎないことですね。
4.すすぎは、水を何度か換えて、水の汚れがなくなるまで行います。

以上となります。
干し方は、洗濯機で洗った場合と同様になります。

ただ注意していただきたいのが、手洗いが必要な衣類の場合は、デリケートな素材のものが多いので、服が縮んでしまう可能性が高いです。

なので、洗う際には充分に注意しながら行いましょう。

 

自宅でのケアに合わせておすすめしたいクリーニングについて

自宅での洗濯洗も定期的に行うことで、汚れを取り除き、学生服をキレイにすることは可能です。

ただ、どうしても時間がない、汚れが取りきれないなどのお悩みがある場合は、無理に自宅での洗濯は行わずにプロのクリーニング店を利用しましょう。

クリーニングの良さはやはり自分で取りきれない汚れを取ってくれることです。

是非気になる方はご利用下さい。

 

まとめ

以上となります。

学生服は毎日着るものなので、意外と汚れが付いています。

でも、型崩れや汚れの落とし方が分からずに、そのままにされがちなので、是非この機会に自宅でのケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

毎日のブラッシングだけでも、学生服の汚れ具合は全然変わってきます。

またキレイな学生服を毎日着るだけでも、子どもたちの気分も明るいものに変えてくれます。

是非この記事を参考に、長くキレイに学生服を使っていただければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

服のある暮らし|服を大切にするすべての女性への人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

西岡 学美

西岡 学美

はじめまして。
女性としていつまでもオシャレに、そして大切に服を着ていたい!
そんな思いで日々ファッションを研究しています。
日々の生活の中で、少しでも役に立ち、かつ誰にでも分かりやすい、さまざまな情報をお伝えできればと思っております。

監修: 亀田 晋一
クリーニング寿 店主
衣類のプロフェッショナルとして、
京都市東山区で染み抜き実績60年のクリーニング寿を経営。

この人が書いた記事

  • キレイにしたい!毎日着る学生服の正しいお手入れ方法について徹底解説

  • ネクタイの自宅洗濯はNG?正しいケア方法を解説

  • タオルがごわごわして臭う!?キレイにふんわり仕上げる正しい洗濯方法

  • 自宅でできる帽子の洗い方とケア方法を解説

関連記事

  • 5分でわかる!ドライクリーニングとは?

  • 自宅でできる帽子の洗い方とケア方法を解説

  • 【洗っていますか?】ドラム式・縦型洗濯機の掃除方法

  • ちょっと待った!【革製品をクリーニング】する前に知っておきたいこと

  • 着物

    【着物のお手入れ】染み抜き・洗い張り・仕立て直しの気になる料金相場とは?

  • 付いてしまった生乾きの臭いはどうしたらいい?臭い対策と予防のテクニックをご紹介!